さらなる、問題行動

前回の衝撃的な問題行動の最中

さらにもう一発やってきました。

 

突然

食べ物を食べなくなったのです。

 

今もそうなんですが、

ととくんはかなりの偏食で、

食べられる物が数えるほどしかない。

 

お菓子は、何種類も食べるのですが

食事の類は、

『そんだけでいつまで元気でいられるんだろうか』

と不安になるほど、限られている。

今でゆうと、

冷凍ポテト(オレアイダの)とマクドのナゲット。

シュガーバタートースト(もちろん、ミミは食べません)

のみ...

その前は、唐揚げ。とマクドのナゲット。

のみ。

この唐揚げ、粉が決まっている。

その昔は、

素うどん、味噌汁

冷凍やきおにぎり(小さいやつ、限定)、

なども食べた期間も一瞬あった。

ヨーグルトとオイルパスタは、

奇跡的に食べた時代もあった。

あと、

チキンラーメンをそのまんまバリバリ食べたこともあった。

これはかなりお気に召したようだった。

すべての期間、一番大好きなのは

ケンタッキーのクリスピーだ。

4本食べる。

しかし、

いまでも、冷めたものは食べませんスタイルを貫いていらっしゃって、

 

電子レンジ?は?なにゆうてんの?

 

的な感じで、レンジで温めたものは、見向きもしません。

 

いつも、食べ物の温度を確かめるべく

手の甲で触る。

手の甲、とゆうとこは、

なかなかお上品に見えるのだけど、

ととくんの合格ラインの温度じゃなければ

素通り。

毎回、食事は、タイミングが命で

なかなか苦労している。

 

そんな超偏食のととくんが、

突然なにも口にしなくなりました。

水分だけ。

当時、ヤクルトがマイブームだったので、

ヤクルトを1日20本ほど飲み、

食べものは、一切食べない。

とゆう日々が続きました。

 

なんで?

なんで食べへん?

 

1週間過ぎ、、10日すぎ、、

どんどん焦ってきた私は

小児科へ。

丁度ロタが流行っていたので、

先生は、『病気』とゆう見立てしかせず

ふにおちないまま帰る。

 

ロタじゃないのに、、

自閉症からきてると思うのに、、

 

そう思いながら、

医者が理解してくれないことに

悶々としていた。

おっきな病院のかかりつけ医にも

電話したけど、

ヤクルト飲んでるならまぁ大丈夫。

水分量だけ確保して、様子見て。

と、だけ。

いろんな人に話をしたり

ネットで調べたりしたけど、

原因がわからない。

解決策もわからない。

 

その後も食べない日々が続き、

3週間経った頃、

ヤクルト、飲まなくなりました。

お水だけ、少し飲む。

そしたら、

みるみるうちに、衰弱していった。

もうあかん!と不安爆発。

自閉症と診断した先生に頼んでみようと

電話をかけた。

 

先生は優しく聞いてくれた。

私は一生懸命状況を話し

泣きながら訴えました。

開業医ではない、おっきな府立の病院の先生は、なかなか急な申し出には対応してくれないのに、

この担当医の先生は、違いました。

 

『大丈夫ですよ、お母さん。

今の時代は、食べずに急に死んでしまうことはないから。その前に対応できますから。

大丈夫ですよ』

 

この言葉に、

本当に!救われた。

3週間も食べないなんて、、

急に死んでしまったら、どうしよう、、

と、ずっと怖かった。

その気持ちが、やっと、届いた。

大丈夫。って、いってくれて、、

誰か分かって!

だれか助けて!

と思っていた気持ちが解放しました。

もう言葉にはできない、

 

『ありがとうー!(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)』

みたいな感じでした(笑)

 

先生は、

 

『明日連れてきて。入院したほうがいいかもしれない』

と、言いました。

 

先生に分かってもらえたこと、

いざとなったら、頼れる医者がいること、

で、不安が消えて、腹が座った。

 

『何があっても、死なせない』

 

先生に電話をした夜

ホッとして、疲れがドバーっとでて、

晩御飯、ケンタッキーでいいか。

と、宅配を注文。

 

ピンポーン、

ケンタッキーが届く。

支払いをしている間

ととくん

玄関に置かれたケンタッキーの周りをうろうろしていた。

 

ん?

反応がすごいな...

 

 

テーブルにおいて、

ケンタッキーの蓋を開け

クリスピーを見て、

 

食べたい...

どうしよ...

食べよかな...

 

と思ってるのが、見てわかるような動きも

束の間

急に、ばっくばく、食べはじめた!

 

3週間分食べるで~

みたいな様子で、

次々手に取り夢中で食べている。

 

私は

言葉が出なかった。

 

よかった!

よかった!

よかった!

食べた!

食べた!

食べたでー!

 

あんなに、ホッとしたことが、

今まで生きてきて

あったやろうか。

なにもできないまま

死なせてしまうかもしれないとゆう気持ちに

追いつめられてたから

食べてる姿を見ながら

涙がとまりませんでした。

 

結果

ととくん、4人分のケンタッキー

完食。

 

 

 

翌日、先生に、報告。

『よかったですねぇ!』

一緒に喜んでくれた。

 

この先生は、信用できる。

 

私は初めて

信頼できる医者を見つけた気がしました。

 

どうして、食べなくなったのか

先生曰く

 

『わからない。

原因はわからないけど、

自閉症の子は、すごく親孝行やから。

考えられるとしたら、

もしかしたら、

ウンチを触って、お母さんが困ってる様子を見て、

食べたらウンチがでる。

とゆうふうに考えて、食べなくなったのかもしれないね。』

と。

 

 

なんとも言えない結末...

まじか...

それ、あたしのせい?

 

とりあえず

そんな気持ちに蓋をして、

食べてくれることに感謝しながら

過ごすようになりました。

 

いろんな問題行動はあるけど、

便コネと、3週間の食事の拒否、

これはもう、健常児にはないこと。

 

あぁ、やっぱり自閉症なんやね。

これが自閉症なんやね。

もしかしたら、

いつまでもくよくよしてるわたしに、

『はよ腹くくれ』と、

ととくんは、体をはって伝えてくれたのかもしれない。

 

 

こうして、

やっと、

自閉症を、受け入れることが

できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとうヤクルトも口にしなくなった。